雨の日の運転の危険性

九州の雨事件で、思い出しました。この間、友達宅で子供たちと夕食を食べて、帰るときに丁度雨がざああああっと降ってきたんです。それでもあまり気にせずに、車に乗って家に向かって出発したら、途中で嘉手納基地の前(3車線の大通り)を通るのですが、そこがものうすごい水たまりになっていて、吹き付ける雨と、はねる水で前にバケツで水をかけたようになって、今までに初めて「事故るかも!」と心配になりましたよ。たらたらと走り、他の車もたらたら走っていたので、どうにかなりましたけれど、本気で怖かった~!!!まったく、もう夕立や大雨が来たときは、あっちのほうを車で走るのはやめようと心から思いました。心臓はドキドキ、ついつい子供たちと「うわあああ!!ああああ!!わああああああ!前が~!!!前が見えない~!!!!!」と大げさではなく、大声で叫び続けちゃいました。ゼットコースターと同じく、声を出すと若干怖さは解消される気がしたのでね…