リアル・スティールを見た

昨日、「リアルスティール」を小学1年生の息子と見ました。いやあ、ヒュージャックマンのダメ男ぶりが、だんだん良いお父さんになってくる感じで、男同士のきずなというか、父と息子の関係にあこがれている方は必見の映画、といった感じでした。息子はロボットの格好よさに夢中になり、「格好いい!」と目が釘づけになっていましたよ。3歳の娘には「は?」って感じでしたが、ロボットが男の子と踊っているところで一緒になって踊っていたので、まあ3歳児でも楽しめるシーンがある映画、ということかも?ちなみに、「MIB」(メンインブラック)は見ていましたよ。リアルスティールの感想は、普通にエンターテイメント的には楽しめますが、涙流すほどではなかったかな。それより、私的には久しぶりに見た恋愛もの、「ローマデアモーレ」(なんてタイトルなんだ?!)のほうがよかった。ペネロペ・クルスがもう結構年なハズなのに素敵で、うわあ~!って思いました。